下半身の痺れや痛みが出ている坐骨神経痛の方

Q、こんな症状はございませんか?

[check]腰痛の症状がある
[check]お尻から太ももに痺れを感じる
[check]足の甲に違和感や痺れを感じる
[check]腰からお尻にかけてが痛い
[check]脚を引きずった歩き方をしている
[check]長時間のデスクワークで腰・お尻付近が痛い
[check]歩くと下肢が痛み、休みながらでないと歩行困難
[check]痛みで立っていることがツラい
[check]足の力の入り具合に左右差がある
[check]足に力が入らなくなり、つまずきやすい
[check]腰を反らすことができない

※「坐骨神経」はお尻の深い層の筋肉前方にあり、骨盤の中を通り抜け、足の先に向かって

1mほど伸びている神経。

坐骨神経痛の症状 がお尻から足にまで及ぶのは、坐骨神経がお尻と太ももの裏を通り膝裏で

枝分かれし、下腿外側寄り、足の甲、指の筋肉の感覚を支配している長い神経だからです。

A、腰椎の曲がりと骨盤の歪みによる神経の圧迫が主な原因です。

坐骨神経痛は、お尻・太もも裏・ふくらはぎに沿って足先にまで及ぶ痛みの症状です。
様々な原因の中で、腰椎の曲がりと骨盤の歪みによる神経圧迫が、実に9割以上をしめています。腰痛と違って、一定の動作が出来なかったり・脚を引きずって歩くのも坐骨神経痛の症状の一つになります。
『一生のお付き合い』と医者に診断された方も多いですが、従来の方法ではなかなか改善しにくい坐骨神経痛は健友館の技術をもってすれば驚く程の効果が期待できます。
痛みや痺れを我慢せずに、まずはご相談ください。

坐骨神経痛 整体 津田沼
【下半身の違和感や痺れを長年、我慢されてませんか?】

a:1564 t:1 y:2